レッツ無線機へようこそ

パーソナル無線って?

資格なしでも無線ができる

無線を楽しむには、必ず資格が必要じゃないのか?って思いますよね。それが、無線の資格を持っていなくても無線を楽しむことはできるんです。それをパーソナル無線と呼んでいて、パーソナル無線は資格がなくてもアマチュア無線のように、家や車でも楽しむことができるんですよ。資格をとらなきゃ無線を楽しむことはできないと思ってた私でしたが、まずはパーソナル無線を楽しんで、もっと楽しみたいと思うようになるならアマチュア無線にトライしてみようかなと思ってます。
もし、あなたも無線に興味があって、どんなものかなのかっていうのを楽しみたいのであれば、まずはパーソナル無線で、交信してみたり、仲間と楽しんでみるのもいいと思いますよ。

免許状(登録)は必要

一応、資格は必要ないといいましたが、使用するときには登録をして免許状というものが必要になります。免許状というのは、無線を使用しても良いですよというもので、それがなければ無線を楽しむことができません。免許状の登録は、とても簡単で委任状に必要事項を記入して、必要書類をそろえて送付するだけです。申請費用は約5000円と郵送代が必要になるので、約6000円もあれば申請できると思います。
免許状が到着したら、無線の使用ができます。免許所には小さな電子部品であるROMと呼ばれるものが入ってますので、これを無線機に装着すると、無線機から電波を発し、使用できるようになります。だから、資格はいらいのですが、登録して免許状が必要になりますので、そのことは忘れずに!
また、免許場には有効期限が定められており、10年となっております。ついつい忘れがちになってしまいそうですが、更新するのを忘れずにしましょう。申請先はこちら

どこでも使用可能

パーソナル無線を調べていて驚いたのですが、パーソナル無線は、アマチュア無線よりも使用できる範囲(場所)が広いということ!どこへ行っても使用ができるようです。アマチュア無線の場合は、場所などに制限があるようなんですが、パーソナル無線では範囲が限定されていないので、旅行へ行ったとき、海の上など、どこでも使用できるので、やはりパーソナル無線の方が今のとこオススメですね。

オススメモード

もう1つパーソナル無線で魅力的なのがあるのですが、車などにパーソナル無線を搭載してる場合、交通案内や高速道路でも事故、緊急時などに使用できる緊急モードというのがあります。
例えば、高速道路で事故に遭遇した場合パーソナル無線で、高速道路専用の郡番「H」に合わせ助けを求めることができるのです。今は携帯が普及して必要ないのではないかと思いがちですが、運転中は携帯電話の使用は禁止になっているし、無線の場合、多くの人に向けて助けを求めることができるので、その場に近い人がすぐに助けに行くことができるので、とても助けになるものだと思います。

check

林田学 評判
http://archive.fo/27t8W

最終更新日:2017/3/30

リンクについて
当サイトはリンクフリーになってますので、ご自由に持ち帰りOKで連絡も不要です。しかし、秩序を乱すようなサイトやアダルトサイトへの貼り付けはお断りします。
copyright C 2009 レッツ無線機 Allrights Rserved.