レッツ無線機へようこそ

無線機の種類

ここでは、トランシーバーとインカムのことについて紹介します。

インカム

インカムってご存知ですか?インカムはよくコールセンターの人達やファーストフードなどでよく見かけると思います。そうそうアレですよアレ!カチューシャみたいなものにイヤホンとマイクがついているやつ!それをインカムと言います。
インカムのいいとこは、手を動かしながら話が出来るということです。コールセンターでは、話を聞きながら、パソコンを使用したらりメモをとることが多いし、ファーストフードでは、お客さんを待たせないようにと、袋に詰めながら注文を受けたりします。動作しながら話が出来るという効率はとてもいいですし、有効的に時間を使用することができますよね。
他にも、アミューズメントパークでも、インカムで会場の中の様子を確認しながら、会場へ出入りするお客さんの誘導を行ったり、急病人が出た場合でもすぐに対応できるので、とても便利なものです。また、工事車を扱うような作業現場などでもインカムを使用することで、スムーズに作業が行われるので、とても役に立ちます。
インカムは、トランシーバーと比べると防水機能などがちょっと劣るので、ほとんど室内で使用する人がほとんどです。しかし、それにも劣らず、今ではトランシーバーよりもインカムの使用者率の方が多いのではないかと思います。
ちなみに私は彼とバイクでツーリングに行く時にインカムを使用しています。バイクだと両手ふさがって、風が邪魔して声が流れてしまい聞こえないことが多いので、インカムを使用してます。インカムをつけることでバイクに乗っていても会話が出来るので楽しいですよ。雨には注意ですが・・・

トランシーバー

トランシーバーを知らないという人はいないはずですよね。今も昔もトランシーバーに憧れる子供達は多いです。ちなみに私の甥っ子も近所の友達とトランシーバーを購入してお互い家から連絡を取り合って楽しんでいるようです。小さい頃から、こうやって遊ぶことが出来るってうらやましいですよね。
トランシーバーは、インカムと違って片手でもって話をします。また、防水や粉塵などにも強いため外で多く使用されていることが多いです。たとえば、駐車場の誘導の人が片手にトランシーバーを持ち話しているのを見かけたことありませんか?急に雨が降ってきても防水のトランシーバーなら大丈夫ですよね。でも、機能がよくなるとその分トランシーバーの購入料金も高くなってしまいますけけど、壊れて何度も買い換えるよりは高いやつを買って長持ちするほうがいいですよね。
そして、アウトドアにも使用されるトランシーバー。海や山へ行く時には、トランシーバーを持っているととても役立ちます。
あるテレビでやっていたのですが、夫婦で登山に出掛けたら旦那さんが急に倒れ、トランシーバーなどもなく、携帯電話は圏外という最悪な状況。すると別の登山人が偶然来て、その人がトランシーバーを持っていたので、トランシーバーでSOSを発信することができ、無事救助が駆け付けることが出来たようです。
このような、出来事が本当にあったようなので、アウトドアへ行く時は是非トランシーバーを持って出掛ける方が安心ですね。

リンクについて
当サイトはリンクフリーになってますので、ご自由に持ち帰りOKで連絡も不要です。しかし、秩序を乱すようなサイトやアダルトサイトへの貼り付けはお断りします。
copyright C 2009 レッツ無線機 Allrights Rserved.